二つの餌で 魚を一匹だけ釣る

庫存單位: GML081

[日文版] 兩個餌只釣一條魚:與許文龍邊釣邊聊

 

→前往中文版

なぜ二つの餌を使いながら、魚を一匹だけ釣るのでしょうか。

それは、一匹の魚を釣ろうという時、もう一つの餌(サツマイモをこねたもの)を水底に落とせば、別の魚がこれを食べて生き続けることができ、私は次の機会にこの魚を釣ることができるのです。もし、あなたが二つの餌で二匹の魚を釣る、こうして釣り続けると、そこにいる魚は全て釣られてしまい、いなくなってしまいます。

つまり、全てのことには必ず余地を残しておく必要があるのです。遠い未来に目を向けるべきで、目先の欲にとらわれて、全ての魚を釣り上げるようではいけません。

ビジネスにおいても、利益の一部を他人に分ける必要があります。そうしてこそ、お互いにとって良い関係が続くのです。――許文龍

 

 

本書『二つの餌で魚を一匹だけ釣る』には、許文龍氏が長年にわたり表してきた語録の最も重要なものを、世渡り、ビジネス、思いやり、自然と芸術の四編に分けて収録した。

本書を読み終えたあなたが、私たちと同様に許文龍氏の考えに共感されたら、ぜひ本書をご家族、ご友人に紹介していただきたい。本書を通じて、より多くの人が一緒に「三百六十度」の考えを持ち、共に楽しく、幸せな人生が送れることを希望する。

NT$600 一般價格
NT$474銷售價格

早安財經文化有限公司

台北市羅斯福路2段107號10樓

service@morningnet.com.tw

Tel  +886-(0)2-23686840

Fax +886-(0)2-23687115

Good Morning Press

10F, No.107, Roosevelt Rd., Sec.2,

Taipei, Taiwan 106

  • Facebook Classic
  • c-youtube

© 2015 Good Morning Press . All rights reserved.